個人再生の相談は誰にする?安心して手続きをするためのメソッド

個人再生の相談は誰にする?安心して手続きをするためのメソッド

個人再生の相談は誰にする?安心して手続きをするためのメソッド

借金に苦しんでいるときには、いくつかの債務整理の方法を選んで弁護士に相談することが可能ですが、その中には個人再生という手続きもあります。
個人再生の相談をするときには、手続きをする際の条件があります。
個人再生の申し立てができるのは、住宅ローンを除いて借金の総額が5000万円以下でなければならないという条件があります。
5000万円の債務には利息や遅延損害金についての金額も含まれますので、借金の支払いが止めってから長い期間において放置してしまっていたときには、遅延損害金についても膨らんでしまうことが考えられますので、借金の整理をするときにはできるだけ早く弁護士に相談することが大切です。
5000万円という条件については法律上の強行法規ということになりますので、借金の総額が5000万円を超えている時点において、個人再生の手続きができなくなりますので、その点について注意しながら相談するようにしましょう。
個人再生の手続きにおいては完全に借金が免除される手続きではなくて、一部のみが免除されて残りは返済を継続していくことになります。
従って、手続きが認められるためには支払っていく能力が認められないと、個人再生の手続きが不許可となってしまうことに気をつけましょう。
個人再生を成立させるためには、返済計画を立てて、借金をしている債権者の意見を取り入れながら債権者の過半数の同意を得る必要があります。
これらの手続きを行うためには、弁護士などの専門家に相談してサポートしてもらうことで適切に手続きを進行させることができます。