個人再生とは?自己破産とは何が違うの?債務整理についてまとめ

個人再生とは?自己破産とは何が違うの?債務整理についてまとめ

個人再生とは?自己破産とは何が違うの?債務整理についてまとめ

とても自分だけでは抱えきれないほどの借金を背負ってしまって借金の返済が不能になった場合、いっそ自己破産をしようと考える人も多いでしょう。
しかし自己破産はマイホームや車、預貯金などを差し押さえられるため、どうにか自己破産だけは避けたいという思いを持っている人も多いものです。
債務整理といえば自己破産や過払い金請求が広く知られていますが、債務整理のひとつに個人再生という制度があります。
この個人再生とは2001年にスタートした債務整理であり、任意整理と自己破産の間をとったようなものであり、借金の総額を大きく減額することができながら、マイホームや車などを手放すことなく返済していくことができる債務整理なのです。
また自己破産と異なって個人再生とは借金の理由が競馬やパチンコなどのギャンブルや、ブランド物の浪費であっても手続きを取ることができるので、借金の理由を問われることはありません。
個人再生とはこのようなメリットがあるのですが、デメリットももちろんあります。
信用情報機関に個人再生の手続きをしたことが事故情報として載ってしまうので、約5~7年間はローンを組むことができなかったり、金融機関から融資を受けることができなくなってしまいます。
個人再生の手続きはとても複雑で期間も長期間要するのでスムーズに進めるためにも借金問題に強い弁護士や司法書士に任せた方が得策だといえます。
借金問題は早期解決することをおすすめします。